花開くカニの身

男性

初めてカニのお刺身を食べたときは、おおきい甘エビみたいだな?という感想でした。

でも、いま思い返してみると、エビとは違うカニ独特の繊維質の違いをもっと味わっておくべきだったのではないかと思っています。

 

お醤油が、カニ繊維の隙間を染みわたっていくさま、それが口の中でとろけるカニ繊維と混然一体となっていく過程にこそ、カニのお刺身の醍醐味があったのではないかと。
味、香り、そして食感。年を経るにしたがって、食事において楽しめるものの範囲が変わってきているのを感じています。

 

食感の味わいを楽しめるようになった年齢を重ねた今こそが、カニのお刺身の食べ時だったのではないかと考えたりもするのです。
ですが、そうとはいえ、カニのお刺身に楽しさをプラスして、わかりやすく楽しめることができる調理法がカニしゃぶなのではないかな?とも思います。

 

金色に澄み渡る出汁のたっぷり入った鍋が火にかけられ、くつくつと出汁の香りを匂いたたせながら温まってきた鍋の中に、きれいに殻から抜き取られたカニ脚をゆっくりしずかにくぐらせていくと、次第にその繊維がひとつひとつ出汁の中でほぐされて花開き、半透明だったカニの身は乳白色へと様変わりして、鍋からひきあげられます。

 

そのふるふると出汁をまとったカニの身をポン酢にくぐらすか、そのまま出汁の味だけで楽しむか迷いつつ、つい、そのままかぶりついて、程よい暖かさにあたたまった半生のカニの身がやさしく舌の上でとろけてゆくさま……、それは何度でも繰り返したい経験でした。