去年、石川県で旅行に行った際に食べたカニ料理

男性

私は去年の12月、家族四人で石川県の加賀市に二泊三日家族旅行をしに行きました。その料亭の夕食に出されたのがカニ懐石料理でした。

石川県は海が大変近く漁業にも盛んな県なので、魚介類は勿論の事、カニ料理の一品一品も大変カニ本来の味が素材のままに生きており物凄く美味しかったのを今でも舌の上が鮮明に覚えています。

 

どのようなカニ料理が出たのかと言いますと、まずは、カニのすき焼きしゃぶしゃぶ、カニの生のままの足の身を丸々一本、沸騰したお湯の中に入れて数秒しゃぶしゃぶした後に、さっぱりとした柚子ポン酢にサッっと付けて豪快に頂きました、もう口の中に入れた瞬間に物凄く甘いカニの味が広がり、柚子ポン酢との味がもう大変絶妙で非常に美味しかったです。
弾力も歯ごたえも程よくあり触感も大変良く、サッパリとしたタレと甘みがマッチしいくら食べても飽きない程までに美味しかったです。

 

続いてはカニのグラタン、カニの甲羅の中にカニの身を贅沢に使用したグラタンが沢山乗っており、カニみそもグラタンの中に混ぜた合ったので、甘い中にもほろ苦さが顔を出し芳醇な香りとコクのあるグラタンにもう虜になる程までに美味しかったです。カニの身と、カニみそが非常にチーズ達と抜群までに合い、カニの甲羅からもカニ本来の味の旨味が出ているのでほっぺたが落ちるまでに美味しかったです。

 

そしてカニの天ぷら、油っぽくない天ぷら粉でカラリと揚げられたカニの天ぷらは非常に歯で軽く噛んだ瞬間に、パリっと美味しそうな音を出して口の中でプリプリっとカニの身が踊りました。石川県だけの特殊な塩で頂く天ぷらはもう絶品で、カニの甘みが最高に、鮮度の高い生きた至高の料理そのものでした。

 

最後にカニの雑炊が締めで出てきました。カニの色々な身が沢山入っており、卵で閉じたアツアツの雑炊はもう非常に濃厚かつ深い味わいで、今でも思い出したら涎が出そうな程までに美味しいカニすき雑炊でした。