マリンドリーム能生で紅ズワイ

男性

私の住んでいる海なし県長野では、カニという食べ物はハレの日のご馳走であり、カニを食べられるとあれば、車を走らせ峠も越えます。

 

峠を越えた先は、長野の海の称される「日本海」があり、新潟の海沿いには、長野県民垂涎の海鮮盛りだくさんの道の駅が幾つか点在しています。
その中でも、カニと言えば、「マリンドリーム能生・カニ横丁」です。

 

そこには、何件ものカニ屋さんが軒をつらね、所せましと浜ゆでした紅ズワイガニ達が並べられています。
一ぱい1,000円〜からあり、お店のおばちゃん達は必ずおまけもつけてくれます。

 

お持ち帰りももちろんできますが、プラスチックのトレーにカニを入れてくれるので、それを持って、日本海を望む芝生広場へ。
そこには、家族連れやカップルがそこかしこに陣取り、カニの足をバキバキと折ながら、もくもくと無言でカニをほおばっています。

 

早速、自分もそんな皆さんにのお仲間に参加。
紅ズワイは、ズワイガニと違い水分が多く、味も淡泊なので、いくらでも食べられます。

 

長野県民のカニといえば、この紅ずわガニなのです。
今は北陸新幹線も開通し、金沢も近くなりましたが、あのあたりの「松葉ガニ」など、高級すぎて、お腹いっぱい食す事は無理。

 

しかし、我らが「紅ズワイガニ」なら、思いぞんぶん堪能できるのです!もちろん、カニみそもパッカーンと開けて頂きます。
時々イベントなどで、カニ汁なども登場します。
これも、出汁が出て絶品です。

 

近いうち、おこずかいを貯めてカニ横丁にカニ食べにいきたいです。ウットリです。